ユンボのレンタル、注意点や知っておきたいこと

様々な工事現場で活躍するユンボですが、所有するのは難しい場合も多く維持費もかかります。
しかし、必要不可欠な現場もありレンタルを利用する人も多いです。
しかし、ユンボを運転するには免許が必要になります。
いざレンタルしようとしても免許を提示しないと借りられないこともあります。
基本的に機体重量3t以上、3t未満といった免許があることから、その点を確認しておくようにします。
気になる料金ですが、車両総重量、パケット幅等で金額に差が出る傾向にあります。
このことからも、現場の用途に合った選び方をする必要があります。
また、レンタルの日数も延長すればそれだけ金額も上がってしまいます。
できるだけその現場にピッタリのサイズを選ぶべきですし返却を延長しないことが重要になります。
また、返却の際には、燃料を入れなければならないこともあります。
汚れてしまっている場合、掃除する必要もあります。
この点も注意しておく必要があります。

少ない費用で床を保護するための工事ができます
自社施工のため、中間業者へのマージンがかからない分少ない費用でフローリングコーティングを行えます。

借りる流れとして、まず選ぶことから始まります。
そして日時を決め予約を入れるところが多いです。
先に料金を支払うという流れがほとんどとなり大きなところであれば、各営業所があり現場から近い営業所に返却できます。
また、個人で借りたいという場合も考えられます。
免許は必要になるものの、小さなユンボであれば比較的リーズナブルな金額で借りられます。
基本操作ができれば簡単な操作で作業ができます。
個人で借りるのは高くなりそうなイメージがありますが、最初に触れたようにパケット幅や重量がメインとなるので比較的コンパクトな重機であればお財布にも優しいといえます。
しかし、自分で運ぶことは困難なことも多いため運搬費もかかります。
この点も問い合わせで確認しとくと良いですし、雨の日に作業するのであれば、屋根がついているタイプが便利です。
また、運転席が壁で囲われているタイプもあります。
細かなところまで事前に考えておくと良いです。

最新投稿

  • ユンボは購入するよりもレンタルするのがお得です

    油圧ショベルやパワーショベルとも呼ばれるユンボですが、工事現場などでよく見かける車両型機械になります

    続きを読む...

  • ユンボのレンタルの仕方を知っておこう

    工事現場や、建設現場などでよく見かける重機といえばユンボです。
    ショベルカーの一種で、土や雪を

    続きを読む...

  • ユンボは自前で抱えておくよりもレンタルが

    ユンボは建設機械で使われる油圧ショベルに対して名付けられている通称の1つです。
    これは元々フラ

    続きを読む...

  • ユンボをレンタルすることで得られるメリット

    工事現場でよく目にする重機といえばユンボです。
    自宅でも基礎づくりをする、土台づくりをするとい

    続きを読む...

お知らせ

一覧